苦くない青汁飲んでいます

青汁は苦い飲み物だと思っていました。

 

でも違います。それはそのまま飲もうと思うから苦かったのです。

 

今の私は美味しくなるように青汁を飲んでいます。それは大好きなお菓子に入れているからです。

 

食物繊維が豊富なものなので、どんどん摂ったほうがいいのです。

 

だから私は毎日のおやつにも、この青汁を入れているのです。

 

以前は全然飲まなかった息子が、お菓子に入れると食べてくれるようになったのです。

 

息子の健康にも良いのでこれはとても嬉しい事なのです。

 

毎日私はおやつを手作りしています。

 

これが母親の愛情だと思っているのです。

 

そして息子は少し太っているので、ダイエットにも私が作ったほうがいいと思ったからです。

 

青汁を少々入れています。

 

入れすぎると苦くなって食べてはくれないでしょう。

 

でもこの少々が体に良いのです。

 

息子はみるみる健康になって、スリムになってきました。

 

そんな姿を見られたのも、この青汁あってこそなのです。

 

お菓子にするととても甘くなって全然苦くありません。

 

私はクッキーにもビスケットにも、そしてホットケーキにも青汁を入れているのです。

 

こんなにも味が濃くなってとても美味しいので、自分でもとてもびっくりしているのです。

青汁を飲みやすくする方法とは

 

青汁は飲みにくい、毎日飲むことが難しい、というイメージを抱いている方は珍しくありません。

 

青汁は確かに苦味が強いため飲みづらいのは間違いありませんが、そんな青汁を飲みやすくする一つの方法があるのです。

 

そこで、まずはその方法を紹介します。

 

例えば、青汁を牛乳を混ぜる方法です。

 

青汁をそのまま飲むことが最もオーソドックスな方法ではありますが、そこに何かを混ぜることは決して悪いことではありません。

 

成分に影響が出るのでは、と思われるかもしれませんが、牛乳ならその心配も必要ないのです。

 

牛乳特有のまろやかさと苦味を抑える効果が働くため、毎日飲むことが出来ないという方でも安心して飲むことができるでしょう。

 

同じように、豆乳でも青汁を飲みやすくすることが可能です。

 

投入も牛乳と同じように味をまろやかにできる上に、豆乳自体にも様々な成分が含まれているため、より効率的に栄養素を摂取することが可能になるのです。

 

青汁を飲みやすくする方法を確かめておくことによって、継続して青汁を飲み続けてみてはいかがでしょうか。

 

ちょっとした工夫で青汁は飲みやすくなるため、牛乳など青汁と相性の良い飲み物を混ぜてみるとレパートリーが増えていくはずです。