不倫調査ランキング※夫の浮気を調査※まずは探偵事務所に相談です

最近、パートナーの様子がおかしいと感じたら、調査のプロに依頼

パートナーの様子がどこかおかしい。ということはありませんか。

 

明確な証拠はないけど、そわそわしている、急に色気づいた、携帯電話を大切にしている、生活が不規則になった、などが重なると心配になってしまいますよね。

 

様子がおかしいと思ってパートナーに問い詰めたところで、満足できる答えが得られることはほとんどないでしょう。

 

 

 

常に疑心暗鬼の状態では、良かった関係もこじれてしまいますよね。

 

恋愛関係、夫婦関係は信頼があってこそ成り立つものです。

 

その信頼が揺らいでしまっては、あらゆる行動がおかしく見えてしまいます。

 

こうしたときに最も疑われるのが不倫です。

 

不倫というと男性がするもの。

 

と考えている方が多いかもしれませんが、近年になり女性の不倫が急増しているといわれています。

 

 

 

しかも、男性と同じく年代を問わず不倫を行っている点が特徴です。

 

大切なパートナーの行動だけに「不倫なんて信じたくない」と考えることは当然といえます。

 

そう考える方は、パートナーを信頼できる愛情深い方といえるでしょう。

 

しかし、全ての人間が同じく愛情深いわけではありません。

 

人によっては、相手の信頼を逆手にとって不倫をすることもあるのです。

 

不倫の恐ろしい点は、不倫を疑っている側が我慢をしている間も関係を継続している点にあります。

 

単なる「浮気」であれば許容できるかもしれませんが、それが「本気」にかわることもあります。

 

あなたが我慢している間に別れに向けた準備を進めていることもあるのです。

 

不倫が疑われる場合、ただ我慢をしていては後手を踏む可能性があります。

 

その一つがうやむやなままの不倫関係の継続であり、もう一つが証拠のないまま離婚へ進むことです。

 

証拠がなければ不倫が原因とは言えず、不倫相手に慰謝料を請求することも離婚を有利に進めることもできません。

 

 

 

こうした場合に活用したいのが不倫調査です。

 

不倫調査は興信所や探偵事務所などを利用することで行うことができます。

 

不倫調査では、探偵などが専門的な知識と技術を持って「証拠収集」と「事実確認」を行ってくれます。

 

また、これらの証拠は裁判で活用できる形で収集してくれる点が特徴です。

 

逃げようがない現実を提示することができるので、「離婚を優位に進めること」も「不倫相手に慰謝料を求めること」も「不倫関係を断たせる」ことも可能です。

 

いつまでも我慢できない、パートナーとの関係を優位に進めたいという方は不倫調査を利用してみてはいかがでしょうか。

不倫ってつまりどんな行為や行動なの?

パートナーの様子がおかしいと不倫が気になってしまいますよね。

 

しかし、実際に不倫があった場合の対応は人それぞれです。

 

ある人はパートナーが関係を断ってくれさえすればよいと考え、別の人は不倫相手に慰謝料を求めるでしょう。

 

関係が破たんした方は不倫を原因として離婚を求めるはずです。

 

慰謝料請求や離婚をするためには法律的な手続きを踏まなくてはなりません。

 

 

 

こうした対応を取りたい方は、不倫とはどのような行為なのかを整理しておきましょう。

 

現在では一般的な言葉となった不倫ですが、もともとの意味は倫理から外れたことを意味する言葉だったようです。

 

しかし、私たちが普段用いている不倫という言葉は、倫理から外れた行為を意味するものではなく、結婚しているにもかかわらず別の方と肉体的関係を持つことを表しています。

 

浮気とも言いますが、婚姻関係がある場合は不倫が用いられることが一般的でしょう。

 

不倫という事実が判明した場合、不倫相手への慰謝料請求や離婚を求める方が多いはずですが、不倫そのものを法律で定義していることはないようです。

 

 

 

その理由として、現在の意味で用いられる不倫という言葉が、最近になって定着したことが挙げられます。

 

法律で用いられる不倫行為は不貞行為として扱われます。

 

不貞行為とは貞操義務の不履行を意味し、既婚者に課せられる他の異性と肉体関係を持たない義務に違反していることを意味します。

 

つまり、不倫を原因として慰謝料請求や離婚を求める場合は、パートナーが不貞行為を行ったことを証明する必要があるのです。

 

 

 

ここで注意をしたいのが離婚の場合です。

 

離婚の原因として不貞行為が挙げられますが、離婚の理由となるためには繰り返し不貞行為が行われている必要があると考えられています。

 

そのため、不貞行為があったことを離婚の理由にしたい方は、複数回にわたり不倫が行われていたことを証明する必要があります。

 

たった一回の不倫でも不貞行為に違いはありませんが、離婚の場合はこのように判断されることがあるので注意が必要です。

 

以上のように、不倫とは結婚している方が他の方と肉体関係を持つことを言います。

 

不倫を原因として何かしらの法律的行為を行いたい方は、その事実を証明する必要があります。

 

裁判で扱える不倫の証拠収集は極めて難しい行為になります。

 

個人では限界があるので、裁判で使える証拠を集めたい方は興信所や探偵事務所などに相談をするとよいでしょう。

 

専門家が用途に合わせて証拠を収集してくれるはずです。